観光アイコン

スポーツアイコン

イベントアイコン

アイコン

施設アイコン

とがくしみんランキング

「いいね!」数による集計

キーワード:古道を含む検索結果

 

まち

まち

宝光社在住

ソトクラ

4/26 戸隠古道

2016-04-26 22:58:36

4月26日(火)戸隠古道
カラマツが芽吹き始めたバードライン。
車道から一歩入れば別世界な戸隠古道。

木々に囲まれた道に、いにしえの往来や、歩くことの楽しさに思いをはせる。

一の鳥居苑地の鳥居あと脇にある、古い山見盤。
いまは木の間に、わずかに見える西岳だけど、鳥居があった頃は薪炭林だったので、戸隠連峰が見渡せるくらい木々はなかったのだそう。古い絵はがきによすがが残る。

懐かしの戸隠より
この石の鳥居は、善光寺大地震で倒れたまま、現在もここにあります。

青空の展望苑そば畑。
春は菜の花。

お昼は、初めましての「久山館」さん。
グルテンフリー(小麦粉が入っていない)な、米粉をつなぎに使うというめずらしいお蕎麦とのことで。

ざるそば、野菜天ぷら。
もちもちとした食感と、素直な香りのお蕎麦。
違いがわかる舌ではないけれど、なぜかたくさん食べられる感じ。
長いもの天ぷらがとても美味しい。

九頭龍弁財天さまも気になりつつ。

まったりとあたたかい、鏡池〜小鳥が池の遊歩道。
古道に比べて、芽吹きはまだまだ。

硯石の展望を楽しみ、

オオタチツボスミレ?の群生に癒される。
柔らかい土の道は、どこまでも歩けます。

 

まち

まち

宝光社在住

ソトクラ

4/26 戸隠古道、久山館

2016-04-26 22:58:36

4月26日(火)戸隠古道
カラマツが芽吹き始めたバードライン。
車道から一歩入れば別世界な戸隠古道。

木々に囲まれた道に、いにしえの往来や、歩くことの楽しさに思いをはせる。

一の鳥居苑地の鳥居あと脇にある、古い山見盤。
いまは木の間に、わずかに見える西岳だけど、鳥居があった頃は薪炭林だったので、戸隠連峰が見渡せるくらい木々はなかったのだそう。古い絵はがきによすがが残る。

懐かしの戸隠より
この石の鳥居は、善光寺大地震で倒れたまま、現在もここにあります。

青空の展望苑そば畑。
春は菜の花。

お昼は、初めましての「久山館」さん。
グルテンフリー(小麦粉が入っていない)な、米粉をつなぎに使うというめずらしいお蕎麦とのことで。

ざるそば、野菜天ぷら。
もちもちとした食感と、素直な香りのお蕎麦。
違いがわかる舌ではないけれど、なぜかたくさん食べられる感じ。
長いもの天ぷらがとても美味しい。

九頭龍弁財天さまも気になりつつ。

まったりとあたたかい、鏡池〜小鳥が池の遊歩道。
古道に比べて、芽吹きはまだまだ。

硯石の展望を楽しみ、

オオタチツボスミレ?の群生に癒される。
柔らかい土の道は、どこまでも歩けます。

 

higesandesu

higesandesu

戸隠にお世話になって30年経ちました。4人の子供たちの五感を鍛える道場でもありました。たくさんの戸隠の人々に助けられてここまで来ました。

KOSHIMIZUJIN

冬支度

2015-10-22 16:00:00

P1020930戸隠古道2

 今朝 風吹いて
 森の空 広くなり
 シェルさんへ 電話
 いつもながらの奥さんの明るい声
 「どうぞ 今なら 大丈夫ですよ!」
  ふじの目ぞろい会 出荷前 
 松本JAハイランド長野県主力 
「フジ」の出荷が来月から始まる
  ニュースではさかんに
竈炊 新米 挽きたて うちたて 茹でたて 手打 新蕎麦
新栗 などで賑わう。
10時05分 タイヤ交換 山一屋 信州戸隠SS
@五百四十円×四本
午後 土を耕し
チュリップ・水仙の球根を500個植え終わる。


着々と 冬支度すすむ。

 

佐々木常念

佐々木常念

山宿「戸隠小舎」を経営。戸隠フランススキー学校に所属し、プロスキー指導者として、戸隠をベースにレッスン活動を行う。

戸隠だより

「LIGHT&FAST トレック」

2015-07-12 19:34:30

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
本日も最高のお天気…
如何お過ごしでしょうか!?

昨日に引き続き、「LIGHT&FAST トレッキング」軽く…早くですね
本日のルートは戸隠古道を歩く昔かある戸隠へのアプローチルートを歩いて、戸隠神社五社を参拝してきました~
流石に日曜日の神社は賑わっていましたね活気があるのは良いことです。

さて、『LIGHT&FAST トレッキング』第二弾を計画中今度は2000M級の山へ登る企画で行ってみますので、興味のある方は是非

本日の様子は写真でイメージしてくださいね。

ではでは。

 

佐々木常念

佐々木常念

山宿「戸隠小舎」を経営。戸隠フランススキー学校に所属し、プロスキー指導者として、戸隠をベースにレッスン活動を行う。

戸隠だより

古道ウォーク~蕎麦の花~お蕎麦

2014-09-05 16:49:48

イメージ 1
イメージ 2
雨の中のウォーキングも悪くない…
如何お過ごしでしょうか!?
 
戸隠の観光協会主催のウォーキングイベント一年に何度か「旬ウォーク」と題してテーマを決め企画されている。
本日は私の担当題して「古道ウォーク~蕎麦の花を見て~お蕎麦を食べよう」みたいな感じ予報通り雨は降っていたものの、そんな中を歩くのも悪くない…
戸隠は平安時代から「山岳信仰」の場として、とても栄えていた。そんな修験者のお話も交えながらゆっくり歩いた。お蕎麦の花は満開は通り越していたが、見れたので良かったね…
仕上げは、宝光社にある「武井旅館」さんにてお座敷蕎麦美味しくいただきました。参加者も沢山いて本当にありがとうございました。また、ご一緒してくださいね。
 
①一の鳥居の出発地点で集合写真。
②お座敷蕎麦です
 
ではでは。

 

佐々木常念

佐々木常念

山宿「戸隠小舎」を経営。戸隠フランススキー学校に所属し、プロスキー指導者として、戸隠をベースにレッスン活動を行う。

戸隠だより

『トレッキングガイド』

2014-08-27 16:59:43

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
飯縄山ガイドの予定が悪天候により変更…
如何お過ごしでしょうか!?
 
今年は天候不順でそんなことが多いですまあ無理して行っても仕方がないのでね
結果的には大して降らずに助かったのですが古道ウォーク~戸隠神社巡り。
 
蕎麦畑の蕎麦の花が綺麗に満開になっています~秋にこのお蕎麦が収穫されて美味しい戸隠蕎麦になるんですよ~。風味&味共に絶品の新蕎麦を楽しみに来てはいかがですか??
 
①満開のそばの花
②ウォーク途中の夫婦杉。
③戸隠神社「中社」ですね。
 
ではでは。

 

宮澤旅館

宮澤旅館

戸隠に古くから続く宿坊旅館です。時には歴史に恥じぬよう襟を正し、時にはのんびりだらりと綴っております。同じ様にご利用いただけたら幸いです。中の人はそれほど古くありません。

よくあるブログ

戸隠トレッキングツアーにゲスト

2013-11-11 13:57:09



いらっしゃいませ。



当館では特に告知等を行っていなかったのですが
実は、長野市内のライフスタイルショップ

Kamppiさん(http://blog.livedoor.jp/kamppi/ )との

第4回目となりますコラボ企画

「戸隠トレッキングツアー」

こちらを11月10日(日)に計画しておりました。
いや~、びっくりのドキドキでしたよ今回ばかりは。



昨年は森林植物園から鏡池、小鳥が池というルートだったのですが
「もっと歩きたいの」というお声により
それじゃあどんどん歩きましょうぜと
今回は戸隠スキー場の絶景ポイントである
「瑪瑙山」と「毛無山」の頂をいただき
「あら、綺麗」と登りつめたかいのある景色をご覧に入れようかと
靴を磨き、カメラのレンズを拭き、きのこやおにぎり、新そばの支度をし
いざ、っと当日を迎えてみますと


雨なんですよね、これが。


小雨でしたらせめて毛無山くらいはと考えていたのですが
それがもう、結構な雨でして。
困ったねえと降りしきる雨を前にお昼のお弁当のあまりをかじっていると
Kamppiさんからお電話が。
「ひとまず宮澤旅館さん集合にします。」


長野市内からの車中「晴れろ~雨よ止め~」と
祈りか魔術かの如く唱えたと聞くKamppiさんのお声に対し
「ごめんね~」とばかりに降り続ける雨。
続々と集まる参加者さんとともにコーヒーを飲み
アッハッハと笑っては、さて雨は?と外を確認。
これを何度か繰り返し、もうこれはこれでいいのではという雰囲気になり始めたところで
気まぐれ雨さんのはからいか、Kamppiさんの声が届いたのか、
少しばかり弱まる雨。これは行ける!と。
ただ、魔術いや祈りをいつまでお聞き届けくださるのかはわかりませんし
「おなか減ったよ」という声がちらほらと聞こえていたので
遠出はやめておこうと、
神道(かんみち)を通って宝光社までを往復、というお散歩みたいではありますが
そんなコースを設定して、一同出発いたしました。


キャンセルされた方もあり、結局のところ10名の方々と宝光社まで。
雨に濡れた状態なので期待をしていなかったのですが
葉っぱの落ちた道をずんずんと進むはこれ、冒険心を煽られてテンションが上がり
また、短いコースでしたので皆様終始おしゃべりをしながらのツアーとなり
結果的に楽しかったなあと。
自然相手は思うにいかぬことも多く、難しいものですが
それに対して柔軟に楽しみ方を変えられるは、これ人の良きところ。
Kamppiさんの企画はこうした柔軟な楽しさおもしろさがあるので、たまりません。
ぜひまた多くの方々と楽しい時間が共有できたらなと思っております。



信州戸隠の宿坊 宮澤旅館のブログ-雨の宝光社

雨の宝光社参道。
ところにより、まだ紅葉が輝いています。





信州戸隠の宿坊 宮澤旅館のブログ-落ち葉舞い散る宝光社

風で葉の舞い落ちる様子。
なぜ動画で撮らなかったのか悔やまれる一枚。



お神輿の重量について皆様と考えを巡らせた後
帰路に着きますと、土の階段を左に曲がったところで

「うおっ!!!」

思わず声に出したは先頭を行く私だったのですが
なんと!わずか数メートルというところに
イノシシが!!

突進された場合どうすべきか。運良くかわせたとして
往復されたらどうするか。や、そもそも立ち去るタイミングはいつなのか。
それにしても初めてだねえ、ちょっと嬉しいかも。

一瞬にして焦りと面白さとが頭の中を去来する中
どうも当のイノシシもうおっ!とびっくりしたと見え
足を滑らせながら立ち去ってくれました。ありがとうございました。
あまりのことにもちろん写真は撮れませんでした。

動物の出る道、というよりは、動物の住む中に作られたというべき戸隠の古道。
最近は歩かれる方が多くいらっしゃるとはいえ、十分にお気をつけください。



さて、無事に戻りましたところでお昼タイム。
今回は新そばにきのこ汁、お弁当の予定だったおにぎりの昼食に。


信州戸隠の宿坊 宮澤旅館のブログ-お昼ご飯


少しとはいえ、動いた後での旬の味覚は最高です。
派手さのない山の味覚は様々な感情を呼び起こし、心を打ちます。
何なんでしょうね、これって。





その後、再び皆様でおしゃべりタイムを楽しく過ごし
解散となりました。
予定はだいぶ変わってしまいましたが、参加された皆様、
お疲れ様でした。ありがとうございました。





気温の低い今の時期は歩きやすく、
紅葉の見頃は空から地面に変わり、
主がいなくなって遠くまで見渡せる空を見上げながら
ふかふかの地を歩くは、今までとはまた違った魅力があります。
新そばに山歩きに。
風景の淋しさ、空の清々しさ、もののあはれ、おなかの音。
ある意味、贅沢な季節の戸隠です。








今回もお付き合いありがとうございました。



Kamppi さん http://blog.livedoor.jp/kamppi/

 

宮澤旅館

宮澤旅館

戸隠に古くから続く宿坊旅館です。時には歴史に恥じぬよう襟を正し、時にはのんびりだらりと綴っております。同じ様にご利用いただけたら幸いです。中の人はそれほど古くありません。

よくあるブログ

戸隠中社旅館組合が草刈り

2013-07-14 02:02:12

先月、6月28日(金)。
戸隠中社旅館組合は、毎年恒例の草刈りを行った。
参加したメンバーは6名。
今回行った場所は、毎年同様に、奥社参道の一部と、小鳥が池。




日差しのない曇天の過ごしやすい日だったとはいえ、
草刈機を動かすメンバーは皆汗だく。
それでも、珍しい花や植物を残しながら刈り進めるのはさすがと言ったところ。




$信州戸隠の宿坊 宮澤旅館のブログ-2013062810030000.jpg
ギンリョウソウ(銀竜草) 別名ユウレイタケ






$信州戸隠の宿坊 宮澤旅館のブログ-2013062810200001.jpg
オダマキ







午前9時より始まった作業は、途中、小鳥が池で昼食をはさみ、







$信州戸隠の宿坊 宮澤旅館のブログ-2013062810480001.jpg
小鳥が池の様子。







雨雲の近づいてきた午後2時までには全ての作業が終了。
予定より早く終わり、力を持て余したメンバー達は、
一度解散し、その後大雨の中、バーベキューを行い、夜遅くまで楽しんだ。






今回参加したメンバーのひとり、宮澤旅館の宮澤さんは

「今年は思いの外草が伸びていない気がしたが、刈ってみるとかなりすっきりした。
五社巡りや古道を巡るのに、かなり歩きやすくなったと思う。
暑い夏、ぜひとも避暑地・戸隠で、自然を楽しみ、おもしろいものを見つけて欲しい。」

と話していた。






$信州戸隠の宿坊 宮澤旅館のブログ-2013062810110000.jpg









$信州戸隠の宿坊 宮澤旅館のブログ-2013062810110001.jpg









$信州戸隠の宿坊 宮澤旅館のブログ-2013062811050000.jpg









$信州戸隠の宿坊 宮澤旅館のブログ-2013062811110000.jpg











夜中にひとり、新聞風に文章を書く難しさに悩まされながら、
いや、そんなことよりも寝るべきじゃないかという思いが交錯している、
宮澤がお伝えいたしました。





次回は「ヨガ」の情報をお伝えする予定です。